HOME > イベント概要 > 地球観測のためのマイクロ衛星の開発と利用ワークショップ

イベント概要

地球観測のためのマイクロ衛星の開発と利用ワークショップ

11-12 November, 2013
サンパウロ大学

イベント情報

日時

2013年11月11日(月) 14:30-18:00・12(火) 午前中-17:00

場所

サンパウロ大学 Amphitheater Prof. Paulo Ribeiro de Arruda, Electrical Engineering Building, Escola Politécnica

定員

50

お問い合わせ / お申込み方法

Contact Dr. Nilton Itiro Morimoto (morimoto@lsi.usp.br)

関連ウェブサイト

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/nsat/main_e.html
http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/uniform/

概要

東京大学では50kg程度以下の超小型衛星(Micro/Nano-satellites)で世界をリードする活動を進めてきた。すでに1kgの世界最小の衛星2機と、8kgで地上分解能30mの地球観測衛星の打ち上げに成功し、35kgの天文観測衛星の開発を完了した。

[ほどよしプロジェクト]
2010年からは内閣府のFIRSTプログラムの資金支援を受けて、超小型衛星のアーキテクチャ、要素技術、開発手法、地上局や試験装置などの地上インフラ、新しい利用法などを統合して研究する、通称「ほどよしプロジェクト」を多くの大学や企業との連携で進め、超小型衛星の実用化を進めてきており、2013〜14年度にかけて、地球観測衛星3機を開発完了し打ち上げる予定である。

[UNIFORMプロジェクト]
東京大学が和歌山大学等と連携して、文部科学省における超小型衛星の海外キャパシティビルディング支援プログラムUNIFORMを進めている。ブラジル側からのエンジニア・学生等の参加について相談を行う。

*ワークショップの目的
ブラジルは広い国土の中で、森林や農業地帯のモニター、洪水や火災などの災害監視などの多くの方面で衛星による地球観測のニーズがあり、また、いくつかの大学をはじめ国の機関では自前で衛星開発ができる能力を高めようという意識も高い。特に地球観測をテーマに、50kg級の衛星の利用の可能性や効果的な観測対象を議論し、可能であれば、いくつかの共同観測計画の立案などまで実施したい。

タイムテーブル

11月11日

14:30 Micro/nano/pico-satellite Activities in Japan and Their Practical Applications - University of Tokyo, Professor Shinichi NAKASUKA
15:10 The Collaboration of Space Education and Capacity Building between Brazil and Japan - Wakayama University, Professor Hiroaki AKIYAMA
15:30 Introduction to Micro-satellite Capacity Building, "UNIFORM Project" - Next-generation Space System Technology Research Association (NESTRA) - Eriko YAMAMOTO
16:00 Coffee break
16:30 Pico satellites activities at USP – Universidade de São Paulo –Dr. Nilton Morimoto
16:50 ITASAT project activities – ITA – Lidia Hissae Shibuya
17:10 Test and Integration Lab – INPE – Dr. Geilson Loureiro
17:30 Discussion concerning collaboration possibilities between Brazil and Japan
18:00 End Session

11月12日

Morning Visit to main R&D Labs at USP
Clean room and ground station labs – LSI/PSI/EPUSP
SMT (Surface Mounting Technology) Lab – LSI/PSI/EPUSP
TPN Lab – PNV/EPUSP
12:00 LUNCH
13:30 Brazilian Space Agency plans for small satellites – AEB - Dr. Carlos Alberto Gurgel Veras
14:00 14-BiSat project and QB-50 initiative – UFF - Prof. Cedric Salotto Cordeiro
14:30 CONASAT – Nanosatelites constellation project – INPE Natal - Prof. Manoel Mafra de Carvalho
15:00 Education action to promote satellites technologies – CGE – Dr. Jackson Maia
15:20 Coffee break
16:00 Discussion concerning collaboration possibilities between Brazil and Japan
17:00 End Session

登壇者

中須賀 真一 工学系研究科 教授
秋山 演亮 和歌山大学特任教授
山本 絵里子 次世代宇宙システム技術研究組合 UNIFORMプロジェクト研究員
Nilton Itiro Morimoto サンパウロ大学教授
Lidia Hissae Shibuya 航空技術大学校
Geilson Loureiro ブラジル国立宇宙研究所
Carlos Alberto Gurgel Veras AEB
Cedric Salotto Cordeiro フルミネンセ連邦大学
Jackson Maia CGE
Nelson Chuck ブラジル国立宇宙研究所