HOME > イベント概要 > すばる望遠鏡用主焦点超広視野多天体分光器(PFS)プロジェクト総共同研究者会合

イベント概要

すばる望遠鏡用主焦点超広視野多天体分光器(PFS)プロジェクト総共同研究者会合

4-7 November, 2013
Instituto de Astronomia, Geofísica e Ciências Atmosféricas (IAG), Universidade de São Paulo

(c)Kavli IPMU

イベント情報

日時

2013年11月4日(月) 〜 7日(木)

場所

Instituto de Astronomia, Geofísica e Ciências Atmosféricas (IAG), Universidade de São Paulo
4日・5日午前
the IAG Auditorium, in the Astronomy Department
5日午後
the Physics Auditorium "Giuseppe Ochiallini"

定員

80名

お問い合わせ / お申込み方法

関係者限定

概要

1. PFSとは

Subaru Measurement of Images and Redshifts (SuMIRe: すみれ)プロジェクトの両輪のうちの1つである超広視野分光器Prime Focus Spectrograph (PFS) は、ハワイ島マウナケア山頂にある口径8.2メートルのすばる望遠鏡の主たる将来装置の1つとして日本のコミュニティーから承認されました。この可視光・赤外線用多天体ファイバ分光器により、銀河探査を用いた宇宙論的研究、銀河系考古学、銀河/活動銀河核の進化の研究における飛躍的な進展が期待されます。

最近完成したWide Field Corrector (広視野補正光学系)によって拡張されるべくすばる望遠鏡主焦点の持つ広視野の利点を活かし、PFSは、1.3°直径内での2400天体のファイバ多天体分光を可能にします。これらのファイバは、3色腕を持った分光器4台につながれ、0.38ミクロンから1.26ミクロンの波長範囲での同時分光を分解能R~3000程度で行うことになります。

大望遠鏡における将来装置計画の中でもユニークなこの計画は、IPMUを筆頭に、ブラジルのUSP/LNA、アメリカ合衆国のCaltech/JPL・Princeton大学・Johns Hopkins大学, フランスのLAM, 台湾のASIAA、国立天文台/すばるを含む国際チームにより進められています。

2. General Collaboration Meeting開催の意義・東大フォーラムとして開催する意義

比較的大規模の国際チームがまとまり効率よくプロジェクトを進めていくためには、サイエンスチーム・テクニカルチームが一堂に集まって、最新の研究状況・装置設計製作の進捗状況を理解し合い、さらなる進展へのフィードバックをかけていくことが必要です。

カブリIPMU(WPI)はこのPFSプロジェクトのPIとプロジェクトオフィスそしてサイエンスリーダを持ち、主導的な立場にあります。ブラジルチームは、PFSの鍵となるファイバシステムの担当者です。したがって、東大フォーラムとしてGeneral Collaboration Meetingを開催することは、この両者の協力をさらに強いものとして装置開発をおしすすめるのに貢献します。

タイムテーブル

November 4 - Day 1: General session - Overview of current status and plans forward

10:00 Meeting overview & Opening remarks: TBD/Laerte Sodre Jr.
10:25 PFS collaboration -- high-level overview: Hitoshi Murayama
10:45 Science perspectives and survey plan: Masahiro Takada
11:15 Project status and progress report: Hajime Sugai
11:45 Instrument and system design: Naoyuki Tamura
13:40 Instrument subsystem overview
1 Fiber positioner system: C.Fisher/D.Braun
2 PFI: M.Schwochert/S-Y.Wang
3 Metrology camera: S-Y.Wang
4 Fiber system: L.S. de Oliveira/A.C. de Oliveira
5 Spectrograph system: S.Vives/D. Le Mignant
6 Detector & cryostat: J.Gunn
7 Software system: A.Shimono
8 Data reduction pipeline: S.Bickerton
9 Calibration system: J.Gunn
17:35 HSC current status: Masahiro Takada

November 5 - Day 2: Discussion session

10:00 Survey plans -- recent updates & discussion
1 Cosmology: M.Takada / N.Suzuki
2 Galaxy & AGN evolution: J.Greene
3 Galactic Archaeology: M.Chiba
13:45 Discussion of requirements for science operation to the system software
1 Current status and action items: A.Shimono
2 SDSS survey design & operation: Inputs for PFS: J.Gunn / M.Strauss
15:00 AIT flow to/at Subaru: N.Takato/N.Tamura
16:00 Break-up sessions
requirements for science operation to the system software

November 6, 7 - Group Meetings

登壇者

Laerte Sodre Junior サンパウロ大学 教授
Claudia Mendes de Oliveira サンパウロ大学 教授
Luis Raul Abramo サンパウロ大学 准教授
村山 斉 カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長
菅井 肇 カブリ数物連携宇宙研究機構 特任准教授
高田 昌弘 カブリ数物連携宇宙研究機構 特任教授
田村 直之 カブリ数物連携宇宙研究機構 特任助教
下農 淳司 カブリ数物連携宇宙研究機構 学術支援専門職員

関連ウェブサイト

内閣府 最先端研究開発支援プログラム SuMIRe Project http://sumire.ipmu.jp/en/
Prime Focus Spectrograph http://sumire.ipmu.jp/pfs/index.html
http://sumire.ipmu.jp/en/2652