HOME > イベント概要 > 天文観測のための装置開発と要素技術

イベント概要

天文観測のための装置開発と要素技術

7 November, 2013
Pontificia Universidad Católica de Chile

イベント情報

日時

2013年11月7日(木) 11:00-17:30

場所

Assembley Hall, Faculty of Economical Sciences and Management, Campus San Joaquín, Pontificia Universidad Católica de Chile

定員

100

お問い合わせ / お申込み方法

事前申込不要

概要

チリは世界の大型望遠鏡の半分が集まる光赤外線天文学のメッカである。東京大学もアタカマ高地にある標高5640mの山頂に1m赤外線望遠鏡を設置して世界最高地点の天文台として運用しており、更に現在、6.5m望遠鏡の建設計画(TAO計画)も進行している。しかしながら、チリ国内での望遠鏡やその観測装置の開発の活動は本格的に始まった所であり、東大など日本のコミュニティとの交流もまだ少ない。

本ワークショップでは、このような装置開発においてチリとの交流を活発化させ、今後の様々なプロジェクトや装置の共同開発研究につながることを期待している。

タイムテーブル

11:00-12:30 Session 1: Introduction
1) Opening Remarks/Astronomical Instrumentation at the University of Tokyo : K. Motohara (15min)
2) Astronomy and Astronomical Instrumentation in Chile : TBD (from CONICYT) (15min)
3) Astronomical Instrumentation at the AIUC : L. Vanzi (15min)
Session 2 : Optical/IR Instrumentation
4) TAO Project and its Instrumentation : K. Motohara (20min)
5) The Center of Astro Engineering at U.Católica : L. Infante (20min)
14:00-16:00 Session 2:
6) NIR instrumentation at U. Catolica : S. Koshida (20min)
7) Near-infrared High-resolution Spectroscopy for Astronomy : N. Kobayashi (20min)
8) Immersion grating for high-resolution astronomical spectroscopy : Y. Ikeda (20min)
9) MEMS Technology for Optical Applications including Astronomical Instrument : Prof. H. Toshiyoshi (20min)
10) AO : A. Guesalaga (20min)
11) MIR instrumentation technologies : T. Miyata (20min)
16:30-17:30 Session 3: High-Energy Astronomy
12) X-ray Astronomy at University of Tokyo : Dr. H. Noda (20min)
Session 4: Radio Astronomy
13) Radio astronomical receivers at University of Chile: From front to back ends : Patricio Mena (20min)
14) Sub-mm Technology : R. Dunner (20min)

登壇者

年吉 洋 先端科学技術研究センター 教授
本原 顕太郎 理学系研究科 准教授
小林 尚人 理学系研究科 准教授
宮田 隆志 理学系研究科 教授
野田 博文 理学系研究科 研究員
池田 優二 フォトコーディング 代表/京都産業大学 研究員
Leopoldo Infante カトリカ大学 教授
Leonardo Vanzi カトリカ大学 准教授
越田 進太郎 カトリカ大学 研究員
Andrés Guesalaga カトリカ大学 教授
Rolando Dunner カトリカ大学 助教授
Patricio Mena チリ大学 助教授