HOME > イベント概要 > ビッグデータが未来を創る

イベント概要

ビッグデータが未来を創る

8 November, 2013
チリ大学

イベント情報

日時

2013年11月8日(金) 9:00-13:00

場所

チリ大学 Room 14S, Main Building, School of Engineering and Science

定員

未定

お問い合わせ / お申込み方法

未定

概要

社会を支える基盤として「データ」の価値が認識されつつある。OECDにおいても、新たな成長の源泉として「データ」の価値が議論されている。ビッグデータやM2M(Machine-to-machine)という言葉が巷をにぎわせているのも、この流れの一環である。

インターネットや携帯電話は既に広く普及したものの、社会の変革という視点ではまだまだ初期的な段階にいるにすぎない。都市、交通、農業、医療、介護、バリアフリー、環境、教育、労働などのそれぞれの産業に情報通信技術が適用されてこそ、産業構造、経済構造、社会構造の大きな変革につながる。

今回のシンポジウムでは、データ駆動経済の実現に向け、日本とチリの研究者が「ビッグデータが未来を創る」というテーマで議論を行い、ビッグデータ/M2Mの展開可能性を明らかにする。

タイムテーブル

08:30-09:00 Registration
09:00-10:40 Technology Innovation at the frontier of HPC: Eduardo VERA (UChile)
Big data and M2M: A Glimpse of Where We Are Going: Hiroyuki Morikawa (UTokyo)
Big Semantic Data: Marcelo ARENAS (PUC)
Trend and Possibility of Big Data Use in Japan: Shuichi Inada (UTokyo)
Big Data and Brain Informatics for Web Intelligence: Juan VELASQUEZ (UChile)
10:40-11:00 Coffee Break
11:00-13:00 Big Data Analysis from Social Media: Yutaka Matsuo (UTokyo)
Models for Social Machines: Claudio GUTIERREZ (UChile)
Future of Real World Sensing with Device Innovation and Big-data Processing: Atsushi Murase (NTT)
Big Data in BioMedicine: Steffen HARTEL (UChile)
Future Lifestyle with the Car, using Big Data: Masato Hashimoto (Toyota ITC)
Time Series Analysis in Astronomy: Pablo ESTEVEZ (UChile)

登壇者

森川 博之 先端科学技術研究センター・教授
稲田 修一 先端科学技術研究センター・特任教授
松尾 豊 工学系研究科・准教授
村瀬 淳 NTT先端総合技術研究所・所長
橋本 雅人 トヨタIT開発センター・代表取締役社長
Eduardo Vera Adjunct Professor and Director, NLHPC, CMM, UChile
Juan Velásquez Associate Professor, UChile
Claudio Gutiérrez Associate Professor, UChile
Steffen Härtel Associate Professor, UChile
Pablo Estévez Full Professor, UChile
Marcelo Arenas Associate Professor, U.Católica