HOME > イベント概要 > 文化と身体

イベント概要

文化と身体

7 November, 2013
チリ大学

イベント情報

日時

2013年11月7日(木) 14:00-18:00

場所

チリ大学 Sala 24-S, Beauchef Campus

定員

未定

お問い合わせ / お申込み方法

未定

概要

文化と身体の問題について、哲学・文化人類学・歴史学・心理学•スポーツ科学などの分野から多角的に論ずる。扱われるトピックには:ラテンアメリカのスポーツに関する「身体・脳・心」に関する歴史的な言説の分析を通して、近現代におけるスポーツと社会の関わりを探るもの、異文化間の相互理解のあり方に関して言語によって表現される・またすることが可能な部分と身体の動きから切り離せず・言語化できない部分の相互関連の分析を通して文化と身体の関係をさぐる、などを予定している。

タイムテーブル

14:00 - 14:10 M. Elisa Fernández (UChile): Presentation, brief summary of each paper and general objective of the panel.
14:10-14:30 Alejandra Araya (UChile): "Cuerpo y colonización del imaginario" - "Body and the colonization of the imaginary"
14:30-14:50 Cesar Leyton (UChile): "Historia, ciencia y campos de concentración: La colonización eugenésica del cuerpo" "History, Science, and concentration camps. Eugenic body colonization"
14:50-15:10 Nicolas Fuster (Universidad Metropolitana de Ciencias de la Educación): "Medicalización del cuerpo del trabajador durante los siglos XIX y XX" "Worker's body medicalization during 19th and 20th Century"
15:10-15:30 Ivan Pincheira (UChile): "La gestión gubernamental de las emociones en Chile" "Government management of emotions in Chile today"
15:30-15:50 Hideo Kimura(UTokyo): "Diálogos del cuerpo" "Body dialogues"
16:00-17:00 "Ronda de preguntas a expositores" "Round of Questions and Comments from the audience"
17:00-18:00 Coffee Break

登壇者

木村 秀雄 東京大学総合文化研究科 教授
松尾 俊輔 東京大学総合文化研究科 大学院生
フェルナンデス、マリア・エリサ チリ大学哲学人文学部 教授
マルティネス、フェリペ チリ大学哲学人文学部 大学院生