HOME > Find Events > チリと日本における非在来型エネルギー資源と鉱物資源の採掘

イベント概要

チリと日本における非在来型エネルギー資源と鉱物資源の採掘

5 and 7 November, 2013
チリ大学

イベント情報

日時

2013年11月5日(火)・7日(木)

場所

チリ大学 Plaza Ercilla 803 - Santiago. Auditorio Humberto Fuenzalida 1er Piso - Departamento Geología, Facultad de Ingeniería

定員

約80

お問い合わせ / お申込み方法

E-mail: vilcaez@frcer.t.u-tokyo.ac.jp (事前申込不要)

概要

エネルギー•鉱物資源の世界的な枯渇は、海洋探査の取り組みの引き金となってきた。これらの取り組みの結果、日本では太平洋海底でのメタンハイドレートと金属鉱床の発見に成功した。同様の取り組みがチリでも行われ、有望な結果が出ている。現在では、チリの沖合にはメタンハイドレート堆積物が存在することがわかってきた。このような観点から、非在来型エネルギーや鉱物資源を開発するために、両国でどのような研究が行われているかを知ることは大きな意味を持つ。両国とも長い海岸線を持ちながら、保有するエネルギー資源は限られている。非在来型エネルギーや鉱物資源の開発に向けて、チリと日本のポテンシャルについての議論を通じて、今後の共同研究や学生の交流に関する新しい発想が生まれるであろう。このワークショップで期待される成果は、非在来型エネルギーや鉱物資源の開発に関する情報交換と研究協力体制の確立である。

タイムテーブル

November 5, 2013

Mine site visit (Chuquicamata copper mine - Calama)

November 7, 2013

University of Chile

Chair for session 1: Dr. Leandro Voisin

13:00 - 13:10 Opening remarks: Dr. Yoshihiro Masuda
13:10 – 13:40 "Offshore methane hydrate-Challenges from gas production test to its commercial development": Dr. Yoshihiro Masuda
13:40 – 14:10 "Energy Challenges in the Chilean Mining Industry - Solar Energy Opportunity -": Dr. Rodrigo Palma
13:30 – 14:00 "Identification and characterization of methane hydrate bearing sediments using seismic attenuation": Dr. Jun Matsushima
14:40 – 15:10 Coffee break

Chair for session 2: Dr. Gjergj Dodbiba

15:10 – 15:40 "Chile, a world of mining opportunities": Dr. Leandro Voisin
15:40 – 16:10 "Long-term supply-demand simulation for critical minerals": Dr. Shinsuke Murakami
16:10 – 16:40 "Mineral processing: facing water scarcity": Dr. Willy Kracht

Chair for session 3: Dr. Shinsuke Murakami

16:40 – 17:10 "Removal of arsenic from fluorite ore": Dr. Gjergj Dodbiba
17:10 – 17:40 "Copper leaching from chalcopyrite: Modeling and simulation": Dr. Javier Vilcáez
17:40 – 17:50 Wrap-up & Discussion
17:50 – 18:00 Closing remarks: Dr. Leandro Voisin

登壇者

ボイジン·レアンドロ チリ大学教授
クラク·ウィリー チリ大学教授
パルマ·ロドリゴ チリ大学教授
増田 昌敬 工学系研究科 准教授
松島 潤 工学系研究科 准教授
村上 進亮 工学系研究科 准教授
ドドビバ·ジョルジ 工学系研究科 准教授
ビルカエス·ハビエル 工学系研究科 助教